「アザミ」といえば、この草花。

雑草記-ノアザミ01
雑草記-ノアザミ02
雑草記12 野反湖 ノアザミ 北海道を除く各地に分布する多年草。 「アザミ」はよく目にされると思います。普通にその辺に咲いているので。 キク科アザミ属で、このアザミ属はキク科の中でも多種にわたり、北半球に約250種。 日本だけでも約60種も確認されている。その中での最大派閥と言ってもいい。 多くは狭い地域で分布するが、種間雑種ができやすく見分けは難しいとされている。 この「ノアザミ」はその中にあってもっとも一般的に見られる「アザミ(薊)」である。 鮮やかな赤紫色の花をつける。花期は5月~8月頃まで。 多くの『アザミ属」が、夏から秋にかけて咲くのでこの点で見分けやすい。 タンポポと似たようなところがあり、ロゼットを形成し、地面に葉を広げて冬を越し、花の後には後には冠毛のある種をつけ、風に乗って広がる。 葉は羽状に裂け、縁に鋭いトゲがあるり、大型草食獣から自らを守っている。 「アザミ」の特徴であるあの葉の形状の理由である。 名前の由来は、八重山ではトゲを『あざ」と呼ぶことから「あざぎ」(トゲの多い木)と呼ばれ、次第に「あざみ」になったという説がある。 学名は「Cirsium japonicum 」といい、『日本のアザミ属」の意。 属名の「Cirsium (キルシウム)」は、「静脈腫(cirsos)」の症状に対して薬効を持つ植物があり、その植物に「アザミ」が似ていることからついたらしい。 という事は『アザミ」には薬効は無いという事か・・・なんとも紛らわしい命名の仕方だ。 この『ノアザミ」花の盛りの時期に頭花の上を触って刺激を与えると、虫が来たのかと思い、花粉を吐き出す。 人も「アザミ」も盛りがつくと子孫繁栄のため花粉(?)を吐き出すという事か。 お盆時期だったため、もう花の盛りの時期も終りに近づいていたのかあまり多くの花は見られなかった。
  • 2007.09.06 | 
  • カテゴリー:雑草記

鹿の好物?

雑草記11 野反湖 ヤナギラン 山野草では珍しく、房状に大きく、明るい紅紫色の花を咲かせ、群生して美しく、爽やかな夏の高原を彩る。 陽当りのよい草地に生える多年草で、森林の伐採地や山火事の跡などにいち早く繁殖し、一面に群生する。 日本では中部地方以北に分布しているが、ヨーロッパ、アジア、北アメリカなど、北半球の温帯地域に広く分布している。 針葉樹林の山火事跡に大群落をつくるため、「Fire weed」(weed は雑草の意)とも呼ばれる。 和名の「ヤナギラン」は、「柳蘭」と書く。 名前の由来は分かりやすく、葉の形が柳の葉に良く似ていて、「蘭」のような花を咲かせることによる。 学名もこの葉の形状にちなんでいて、「Epilobium angustifolium」といい、「スミレ色の花が、長い子房の先に咲き、幅の狭い葉をもつ」という名前。 直立した茎の先端に花序を総状(そうじょう-ふさのような形)につけ、多数の紅紫色の花が下から順に咲き上る。 花の後には実がつき、熟すと縦に4つに裂け、中から白い絹毛をつけた1mm程の種子が多数出て、風に乗って飛び散っていく。 アカバナ科アカバナ属の草花であるが、この「アカバナ」は、「ヤナギラン」似ても似つかず、とても小さな可愛らしい花をつける草である。 ちゃんと勉強すればもっともな理由があるのだろうが、この「科」「属」分類は見た目の形からはよくわからないモノも多い。 駒出池の近くの八千穂高原では、鹿に食い荒らされてしまって、群生はおろか 個体すら今年はあまり見られないとの事だった。
雑草記-柳欄01
雑草記-柳欄02
  • 2007.09.04 | 
  • カテゴリー:雑草記

花のようで花でない?

雑草記10 野反湖 ワレモコウ 陽当りのよい山野や、田園地帯の道端に生える多年草。 北海道から九州、中国からシベリア、ヨーロッパまで広く分布する。 初夏に茎を出して高さ1m程になり、細く直立した茎の先端に穂状の花序を形成する。この花序は小さな花の集まりで上から下へ咲いていく。 この花は花弁はなく、4枚の暗紅色の萼片(がくへん)と4本の 雄しべからなる。 花の様で花ではないのです。 花弁のある花は短い時間で色あせたり、枯れたり、花が散ったりしてしまうが、「ワレモコウ」のように花弁がなく、萼自体の色が花の彩りを成しているものは長く色褪せない。 この「ワレモコウ」には白い「長穂の白吾木香」という仲間もある。 そう、「ワレモコウ」は、「吾木香」と書く。 その他にも数種類の漢字をあてた名前がある。 「割木瓜」や、俳句、和歌で使われる「吾亦紅」などがある。 バラ科のワレモコウ属。 なぜか、バラ科らしい。似ても似つかないと思うのだが・・・ 学名はSanguisorba officinalis と言い、この Sanguisorba は、「血を吸収する」を意味し、根の部分にタンニンが多く含まれ、中国、西洋で昔から止血の薬として利用されたことによるらしい。 意外なことに薬効のある草花であった。 また、秋の十五夜のお月見には薄(すすき)とともに欠かせないものです。
雑草記-ワレモコウ01
雑草記-ワレモコウ02
  • 2007.09.03 | 
  • カテゴリー:雑草記