ねずみの耳

雑草記37. オランダミミナグサ これまた帰化植物。原産はヨーロッパ。 日本全土でみられる。 明治の頃、牧野富太郎により、横浜で確認されている。 道端でよくみかける越年性の一年草。 写真のモノは、道路の縁石と石積みのわずかな隙間に生え、白く可愛らしい花を開いていた。 花期は4月から5月。 茎が途中で2裂し、花弁は5枚で先端が浅く2裂している。 全体に軟毛と腺毛が生えている。 ナデシコ科のミミナグサ属で、在来種に「ミミナグサ」があるが、これはかなり数が減ってきているようだ。 「オランダミミナグサ」小花柄が短く、ほとんど茎に接して咲くき、茎などがあまり紫ががらないので「ミミナグサ」とは区別出来る。 「和蘭耳菜草」。ヨーロッパから来た「耳菜草」ということだろうか。 葉の形がネズミの耳に似ていて、食用にもなることからこの名がある。
雑草記-ミミナグサ01
雑草記-ミミナグサ02
  • 2009.04.08 | 
  • カテゴリー:雑草記