これ読めますか?「酢漿草」

雑草記39. カタバミ 「酢漿草」・・・この漢字をどう読めば「カタバミ」と読めるのか、 僕の漢字の知識では全然わからないが、「かたばみ」と打って、変換すると ちゃんとこの漢字が出た。 草の名前は、良く知っていても漢字になるとさっぱりわからないモノが多い。 そこいらの道端で見かける多年草。 世界の熱帯から温帯まで広く分布しているらしい。 クローバーのような3枚の葉と小さな黄色い花をつける。 よく見ると結構かわいらしい花である。 葉は柔らかく、噛むと酸っぱい。これは「蓚酸(シュウ酸)(化学式 COOH)」を含むためである。 昔はこの蓚酸を使って真鍮や鉄製の鏡を磨いたらしい。 この葉を夜になると葉を閉じるという日周運動をする。 葉が緑色のモノや緑紫色や赤紫色のモノまである。 緑紫色を「ウスアカカタバミ」赤紫色を「アカカタバミ」といって区別している。 花を春から秋まで次々と咲かせ、ロケット型の実を付け、それをはじけさせて種子を自力散布する。 この「カタバミ」みかけによらず厄介な雑草である。 直根は地上の茎の割には太く、取り切らないとしつこくまた生えてくる。 茎は地上を這い、所々で立ち上がり、広範囲におよぶ。 和名は「傍食」で、葉の一部が欠けているように見えるかららしい。 または、「片葉三」(片葉が3つなところから?)とも書くらしい。 幾何学的な形は「カタバミ紋」として家紋にも多く使われている。 カタバミ科のカタバミ属。花期は5月~9月とあったが、既に咲き始めていた。
雑草記-カタバミ01
雑草記-カタバミ02
  • 2009.04.16 | 
  • カテゴリー:雑草記