春の幕開け

 このカテゴリーの更新をさぼって何年になるだろう。
本当に久しぶりに書きたくなった。でも、雑草ではなく
樹木についてなのだが・・・

コブシ『辛夷』

モクレン科モクレン属
名前の由来は諸説あるらしいが、花が咲く直前のつぼみが「拳」に似ているからとか
ゴツゴツした実の形状からとか言われているらしい。
よく街路樹で見かける樹木でもある。
花期は3月中旬頃から4月上旬くらい。
千昌夫の「北国の春」の歌詞でも有名。
春の訪れを告げる樹とも言えるだろう。
別名に「田打ち桜」(咲く頃に田植えを始めるので)や
「ハジカミ」(実を噛むと辛味があるので)ともいわれる。

白く華やかな春の幕開けに咲く花で、街路樹によく見かける。
少し遅れて咲くモクレンと似ているが、6つの花弁が大きく開き、枝先に1個ずつ咲く。
花の下部に葉が1枚付くのが特徴。(この葉が無いのはタムシバという樹)
秋には実が付くがゴツゴツしていて、熟すと袋果が裂け赤色の種が顔をだし
結構グロテスクでもある。

  • 2015.03.28 | 
  • カテゴリー:雑草記