うらめしや~

雑草記54. フタリシズカ 東京都内唯一の日本百名山の雲取山。 その登山道でみかけた。 北海道から九州に分布する多年草。 茎の上部に対生した葉が2、3対ほどつき、その中心に花穂を立てている。 この花穂が2本のことが多いので「二人静」。 この「静」は静御前を指し、義経を恋う静御前とその亡霊の舞姿にたとえているらしい。 小さな白い花を点々とつける。 この花は花弁はなく3つに分かれた雄しべが丸く子房にくっついている。 科名はセンリョウ科(千両科)センリョウ属 花期は4~6月なのでもう終わりに近かったのかもしれない。 群生することも多いらしいが登山道でぽつぽつとしか見かけなかった。 「二人」があるので、お仲間で「一人静」というのもある。 こちらは花期が4~5月なので見ることはなかった。
雑草記-フタリシズカ01
雑草記-フタリシズカ02
  • 2010.06.18 | 
  • カテゴリー:雑草記

春と姫

雑草記53. ハルジオンとヒメジオン いわゆる「雑草」の代表のように、道端や道路の中央分離帯などでもよく見かける。 この画像には2種「ハルジオン」と「ヒメジオン」が映っている。 でも全然見分けがつかない。
雑草記-ハル/ヒメ01
どちらも北アメリカ原産の帰化植物。 春に咲くのが「ハルジオン」。漢字で書くと「春紫苑」。 花期は4月の初めから5月の末頃まで。 その後に咲くのが「ヒメジオン」。漢字では「姫紫苑」と書きたいところだが 同名の別の植物があったので「姫女苑」。 花期は6月の初めから8月の中旬頃まで。 なので4月から8月まで同じ花がずっと咲いているようだが実は2種類の花が引き続き咲いているのだ。 この画像は6月の頭に撮ったのでまだ引き継ぎの最中と言った感じか。 これは「ハルジオン」。 つぼみが少し下向き加減。花の部分がソフトな感じ。 葉が茎を巻くようにつく。茎が空洞(これが一番顕著な違いだが外見ではわからない)。
雑草記-ハル/ヒメ02
雑草記-ハル/ヒメ03
で、こっちが「ヒメジオン」。 つぼみが上を向いてついている事が多い。花がピーンとしている。 葉が茎を巻かずストレートについている。茎が詰まっている。
雑草記-ハル/ヒメ04
雑草記-ハル/ヒメ05
とはいっても全然違いはわかりません。 なぜこんな微妙な違いなんだろう? いっそ、もっとはっきりと違うとか、咲く場所が違うとかすればいいのに。 本人達にとっては大きな違いなのだろうか・・・
  • 2010.06.16 | 
  • カテゴリー:雑草記

知人の個展

あっという間に4月がそこまで来てしまった。 まだ寒い日もあるが陽射しは気持ちがいい。 知人で画家の個展がある。 ヨーロッパの雰囲気を持つ作風がとても気に入っている。 久しぶりの東京での個展ではないかと思う。 暖かい春の陽射しに誘われて足を運ばれてはどうでしょう。 場所は恵比寿ギャラリーMalle 楠森總一郎 個展
雑草記-楠森さん
_________________________   4月6日(火)~11日(日)   12:00~19:00(最終日は16:00まで)   ギャラリーMalle  phone&fax 03-5475-5054            〒150-0013            渋谷区恵比寿4-8-3           (JR恵比寿駅東口より徒歩3分) _________________________
  • 2010.03.30 | 
  • カテゴリー:美術

オープンハウスのお知らせ

秋からすっかりご無沙汰してしまっていました。 で、2010年の最初の書き込みが(もう2月に入っちゃっていますが)・・・ オープンハウスのお知らせ   です。 設計監理を行って来た住宅が完成します。 お施主さんの好意によりオープンハウス(完成見学会)を やらせていただけることとなりました。 家族の「気配」をテーマに計画をした住宅です。 興味のある方はぜひお立ち寄りください。 場所  :栃木県那須塩原市 日時  :2010年02月20、21日 10:00~17:00 設計監理:UGU ARCHITECTS / ユー・ジー・ユー・アーキテクツ 施工  :万建設興業 ご来場いただける方は下記HPからお問い合わせください。 URL : http://ugu-arch.com 雑草記-S邸01

大地の芸術祭-その4

信濃川を渡って「川西エリア」の「ナカゴグリーンパーク」へ キャンプ場やゴルフの打ち放しがある公園内にいくつもの作品が点在している。 そこへ向かう途中の「上野」という交差点の角。 インテリアデザイナーの内田繁さんの「境界の神話」というポケットパークの向かいに 重要文化財の「星名邸」という建物がある。 現在は修復中らしく仮囲いに覆われていて見ることは出来なかったが、この建物をモデルとして ジェームズ・タレルの「光の館」は作られている。 この交差点に魅力的な看板が。「松乃井酒造」蔵元と。 看板をたよりに南に下って寄り道をすると、すぐのところに「松乃井」の酒蔵があった。 酒蔵の母屋は昔ながらの日本建築で旅籠か美術館かと思う程バランスのいい美しい建物だった。 話を聞くと、この辺りも新潟の大地震の影響をかなり受け、酒瓶はかなりの数が割れ、母屋の方も やっと最近補修が終わったところだったそうだ。 家族経営で決して商売上手そうではなかったが、傍らで遊ぶ子供の姿と 一生懸命立て直そうとしている若いご主人に爽やかささえ感じた。 話を大地の芸術祭に戻す。 先程の「上野」の交差点を西に進むとほどなく「ナカゴグリーンパーク」がある。 ここにはいくつものランドスケープ的な作品や彫刻的な作品や建築的なモノもある。 中でもジェームズ・タレルの「光の館」は体験型の作品なので魅力的。 建物としても綺麗でその場その場での景色や空間の見せ方など素晴らしいもがあった。 夕方にならないとこの作品の本当の良さは体験出来なさそうであったが 係の方から作品のこと、タレル氏のこだわりなど色々と興味深い話も聞けた。 その他では・・・ 母袋俊也の「絵画のための見晴らし小屋」はガイドブックでは外観の写真なので 建築的なモノかと思っていたが、内部からの景色の切り取り方が美しい作品だった。 たほりつこの「グリーンヴィラ」は象形文字的な芝生の隆起で正直あまり魅力を感じて いなかったがその場に立つと自分の中の子供の心をかき立てられる作品だった。 ジェームズ・タレル「光の館」 雑草記-タレル01 雑草記-タレル02 母袋俊也「絵画のための見晴らし小屋」の窓からの景色 雑草記-風景切り01 雑草記-風景切り02 たほりつこ「グリーンヴィラ」 雑草記-グリーン01 雑草記-グリーン02
  • 2009.11.12 | 
  • カテゴリー:美術