大地の芸術祭-その3

会場となる妻有地域を6つのエリアに分けている。 越後川口から南下してくるとまず「十日町エリア」に入る。 JR飯山線の十日町駅を中心とし、山側と信濃川を挟んだ西側の一部。 展示作品には多くの建築家も係わっているが、中でも有名な人で「ドミニク・ペロー」の 「バタフライパビリオン」があった。 これは田舎道にある親水公園の一角にあり、能舞台や地域の祭りの舞台にもなるらしい。 この地域は豪雪地帯なので冬にはその羽のような屋根を畳むことができる。 同じ親水公園内にあるのが「小さな家」という地面に埋もれた小さな空間。 地下室のような牢獄のような空間だがなぜか落ち着く。 その先には「うぶすなの家」という古民家がある。 陶芸家によりかまど、囲炉裏、洗面器、浴槽、床の間の壁とあらゆるものが作品で出来ている。 その空間で地元のお母さん達が地元の食材で料理を出してくれる食堂にもなっている。 陶芸家鈴木五郎の手による「かまど」は作品でありながら実際に機能する。 お母さん達の話では、5~6人で来ればそのかまどでご飯を炊いてくれると言っていた。 地元産のこしひかりを。 ここに立ち寄ったとき、ちょうどご飯が炊けたということだったので、営業時間前だったのだが 食事をさせてもらった。(かまどで炊いたごはんではなかったが・・・)ご飯がうまい! とれたての新米。夏の芸術祭の時には味わえない「秋」ならではの味だった。 さらにその奥に「胞衣 みしゃぐち」という土と古材でつくられた空間作品があった。 HPで見た時から気になっていた作品。 「胞衣(えな)」とは胎盤を意味するそうで、この土と古材に囲まれた空間は 穏やかで落ち着きがあり、なぜか心地いい空間だった。 とても建築的で刺激を受ける「場」だった。 ここから信濃川を渡って「川西エリア」へと向かう。 バタフライパビリオン
雑草記-作品01
雑草記-作品02
小さな家
雑草記-作品03
うぶすなの家
雑草記-作品04
かまど
雑草記-作品05
山菜ぎょうざ定食 
雑草記-作品06
胞衣 みしゃぐち
雑草記-作品07
  • 2009.11.06 | 
  • カテゴリー:美術

大地の芸術祭-その2

越後妻有地域760平方キロメートル(これは東京23区の1.2倍)の範囲にわたるこの芸術祭。 「トリエンナーレ」という名前にあるように3年に1度開かれ、 2000年にはじまったので今年で4回目となる。 他の地方の芸術祭がどの程度続いているのか知らないが10年に渡って続いているのは 素晴らしいことだと思う。 芸術祭であるからアートは当然見所ではあるが、この地域特有の「棚田」「ブナ林」 「川」「渓谷」などの自然や「水」「酒」「米」「そば」などの食、そしてなにより「人」。 いくつかの展示施設では地元のお母さん達がお茶や食事を出してくれたりしている。 気さくにいろいろな地域に関する話や参加芸術家との係わりや出来事なども話してくれた。 そんな地域に根ざした部分がこの芸術祭の最大の魅力のように感じた。 妻有。「つまり」と読む。 名前の由来は新潟の日本海側の南の「どんづまり」にある地域。 どんづまり→づまり→つまり となったと地元お母さんに教えてもらった。 仕事柄魅かれるのは建築的なモノやランドスケープ的なモノなのでそういったモノを中心に見て来た。 この時期は「秋版」ということでメインであった夏に比べると展示の数はかなり減ってはいた。 特に人手が必要そうな古民家での展示が減っていたように思われる。 今回この地域へ北から入った。関越の越後川口から南下していった。
雑草記-棚田
棚田の風景
雑草記-清津峡
日本3大渓谷:清津峡
雑草記-秋山郷
清津峡より綺麗だった秋山郷
雑草記-松代
松代の月と「○△□の塔と赤とんぼ」
  • 2009.11.05 | 
  • カテゴリー:美術

大地の芸術祭

気になってはいた。 越後妻有アートトリエンナーレ。 2000年にはじまったこのイベント、当初オランダの新進気鋭のMVRDV(建築家集団)の 日本でのはじめての建物やジェームズ・タレルの作品などが話題になっていて その存在は知ってはいたが「越後妻有」というなじみのない土地とその遠さから 積極的に見に行くことを考えることはなかった。 その後、2003年、2007年とキャンプでこの芸術祭のエリア内の津南へキャンプに出掛ける機会はあった。 2003年は2回目の開催年であったが、時期がずれていたこともあり 道端のサインや常設の施設を目にする程度で終わっていた。 今年が4回目の開催年だった。 友人のカメラマンが最初の年に仕事で係わっていたことと、そのカメラマンが今年の夏に またそれに係わり行って来た話を聞き、展示の中の建築的なモノが非常に面白かったと聞いて 話が盛り上がり、今年はこの秋にも「大地の芸術祭 秋版」としても 開催されるとのことだったので行って来た。 メインの夏ではなかったので展示はかなり縮小されていた。 特に古民家を利用した展示は減っていたが気になっていた作品はかなり残っていた。 前回友人O氏は1泊2日で全然見切れなかったというので今回は2泊3日で。 こっちを早朝に出て朝から精力的に巡った。まさにスタンプラリー状態で 行く先々でスタンプを押した。 展示も面白いモノが多くあり楽しめた。 今回は利用出来なかったが古民家を使った展示の中には体験的に宿泊出来る施設もある。 予約がいっぱいでなかなか泊まれない状態が続いていると言う。 それでも1泊は廃校になった小学校を利用し宿泊施設とし、アートを散りばめた 「かたくりの宿」に泊まった。 廃校を利用した宿泊施設なのであまり期待はしていなかったが 内部は綺麗にコンバージョンされ温泉もあり、食事もおいしく、器まで気を使われていて 想像以上に満足出来た。 もう1泊は松之山温泉。こちらも温泉に料理に十分満足の行くものだった。
雑草記-かたくりの宿
秋山郷 かたくりの宿と「Melting Wall」
雑草記-松之山
松之山温泉 温泉街の入口の「渓谷の燈篭」
  • 2009.11.04 | 
  • カテゴリー:美術

身元不明。

雑草記 番外 シルバーウイーク。 夏に休んだと思ったらまた秋に連休。 高速は大渋滞だったよう。 自由業(?)の気楽さで連休前半は仕事にあて、後半に少しずらして休みを取って 那須の施主宅に遊びに行って来た。 休みをずらすと「高速1000円」の恩恵には預かれないが渋滞も無く快適なドライブだった。 時間を取るか、お金を取るか。難しい問題でもある。 仕事で那須には結構行っているがあまり観光をして来なかったが、今回は時間を作り 「日本百名山」のひとつである「那須岳(茶臼岳)」に登って来た。 標高は1915m。 日本百名山の登山と言ってもこの那須岳(茶臼岳)はロープウェイが9合目まで行っているので 歩くのは1合分。 登り40分。下り30分程度である。 ロープウェイの駅からすぐ上に頂上が見えるが前半は火山礫の斜面。後半は岩場なので、 それなりの準備は必要な道だ。 登山道にいくつか草花を見つけた。 が、特定が出来ていない。なので「番外」としている。 ご存知の方があればお教えいただければ幸いです。 最初の3枚はセリ科ではないかと思う。 後の2枚はツツジ科ではないかと思うのだが・・・
雑草記-那須岳01
雑草記-那須岳02
雑草記-那須岳03
雑草記-那須岳04
雑草記-那須岳05
雑草記-那須岳06
山頂
  • 2009.10.02 | 
  • カテゴリー:雑草記

登山道でナイスショット!

少し間が空いてしまったが、お盆のキャンプ&登山の続きを・・・ 雑草記・・・ではないけれど、面白い?可愛い?奇妙なキノコをみかけたので。 登山道に沿った林床にいくつもみかけたベニテングタケ。 僕ははじめて(?)みたが、結構よく見られるキノコ。 見た目から想像出来るように毒キノコである。 写真は生えはじめの時期なのか傘が開いていないのでゴルフボールのようだった。 傘が開いた後の赤地に白斑点という形状はおとぎ話の中の挿し絵に使われるキノコのひとつである。 ディズニーのアニメやスーパーマリオブラザースの中などでも見られる。 派手な色合いから猛毒のキノコと思われがちであるが、食べても死ぬような事はまずない。 主な毒成分はイボテン酸、ムッシモール、ムスカリンなどで、食べると下痢や嘔吐、 幻覚などの症状をおこす。 が、イボテン酸は非常に強い旨味成分でもあり食べるとおいしいらしい。(キノコ類の苦手な私には 興味はないが) 長野県の菅平などごく一部にて特別な方法を用いて食用とされる事例も存在する。 これは塩漬けにして乾燥させて保存食としていたらしい。 またこのキノコにはハエを誘う物質とハエを殺す物質を併せ持っているためハエ取りにも用いられてきた。 毒々しい外見の割に生活に近い毒キノコだ。 テングダケ科テングダケ属 ダケカンバ、白樺やトウヒ林などに夏から秋ごろに生える。
雑草記-ベニテングタケ01
雑草記-ベニテングタケ02
  • 2009.09.14 | 
  • カテゴリー:雑草記