天使の顔と悪魔の顔。

雑草記52. バイケイソウ 登山道の平坦な少し開けたところなどの陽当たりのいいところで見かけた。 丈が高いが、花が薄い緑色なのであまり目立たないが、シックで美しい花だった。 本州・北海道や朝鮮・中国などに生育、四国や九州などでも山地帯や亜高山帯にはする大形の多年草。 湿原周辺の草原や明るい林内などでみられる。 群生する傾向が高く、春に芽を出し、初夏に高さ1~1.5mにもなる花茎を出す。 茎葉は長楕円形または広楕円形で長さ20~30cmで平行脈が顕著。 葉脈部分が谷折れに曲がって葉を構造的に補強している。 基部は鞘状になって茎を囲むようにつく。 花期は6月から8月。大形の円錐花序に緑白色で2cm程の花を多数つける。 花弁の周辺は毛状にちじれて、切放しの布の端部のよう。 雄しべは6本で花被より短く、柱頭の先端は3つにわかれている。全て両性花であり この点でよく似ているコバイケイソウと区別できる。 ユリ科のシュロソウ属。 漢字では「梅xx帆陝廖2屬・崘漾廚忙・董⇒佞・峪舁・廚忙・討い襪・蕁・この「紫蘭」の古名が「xx函廚破鑈媾犬暴个討・襪蕕靴ぁ・ ここまでは普通の解説。実はこの草花は天使と悪魔の顔を持っている。 天使の顔は、古くは薬草として利用されていた点。 この草に含まれるアルカロイドを利用して、ヨーロッパでは古代から根が吐剤として アルカロイド粗抽出物が血圧降下剤として使用されたこともあったらしい。 が、副作用も強く今は使われないという。 また、東雲草(しののめそう)の名で殺虫剤としても使われた。 問題は悪魔の顔。 山登りの途中で目にするだけなら良いが、「山菜」という目で見た時に悪魔は微笑む。 芽生えの姿が、山菜の代表のオオバギボウシ(ウルイ)やギョウジャニンニクとよく似ている。 なので毎年のように誤食する事例がある。煮ても湯がいても天ぷらにしても毒は消えない。 このアルカロイドは有毒で下痢や吐き気をもよおし、血圧降下、心拍数の減少 めまい、手足のしびれ、けいれんなどの症状が出て、重症の場合は意識不明となって死亡します。 よく見ると両者は葉のつき方、葉脈の流れ方等はっきりとした違いはあるようなのですが。 山菜採りにはご注意を。
雑草記-バイケイソウ01
雑草記-バイケイソウ02
  • 2009.08.27 | 
  • カテゴリー:雑草記

もう花が終わりかけていた。

雑草記51. ゴゼンタチバナ これも登山道で見かけた。 花期は7月から8月らしいがすでに終わりかけていて、本来は真っ白な花(みたいな苞)らしいが 少し枯れかけているのかどれも色があまりよくなかった。 亜高山帯に見られる常緑の多年草。 北海道、本州、四国に分布し、深山の針葉樹林下や林縁に生育する。 なので登山道でもよく見られるようだ。 高さは5~15cm程度とあるが、10cmを越えるものはなかった。 花は2.5cmほど、白~淡い黄緑色なのだが、この花弁に見える白いのは総苞片。 「総苞片」。苞(ほう)とは植物用語の一つで、花の下にあって、つぼみを包んでいた葉のこと。 そして、個々の苞を苞片という。また花序の下部の苞を総苞といい、個々の総苞を総苞片という。 で、本来の花はと言うと、この白い4枚の花弁状の総苞片に囲まれた中心に小さな花が たくさん集まって付く。花弁が4枚、雄しべも4本、雌しべは黒紫色であるらしいのだが、 見たところ黒紫の雌しべらしいモノはあるが、花弁も雄しべも確認出来なかった。 秋にハナミズキに似た赤い果実をつけるらしい。 茎の上部に菱形の葉が2~3対輪生状につくが、大きさは1対ずつ異なる。 花の咲く茎と咲かない茎があるようで、咲く茎には6枚、咲かない茎には4枚のようだ。 「御前橘」と書き、発見された白山の最高峰の名「御前岳」からつけられ 果実の形がタチバナに似ているのでこの名がある。 ミズキ科のゴゼンタチバナ属。ミズキ科は木本が多いが、これは多年草で草花である。 同じミズキ科のヤマボウシなどと花の構造が良く似ている。
雑草記-ゴゼンタチバナ01
雑草記-ゴゼンタチバナ02
  • 2009.08.26 | 
  • カテゴリー:雑草記

暗い林でうなだれて・・・

ここのところの雑草記は、このお盆休みに行ったキャンプの時に山歩きをした際に 目にした草花を書いている。 長野県南佐久郡の麦草峠から茶臼山、縞枯山と登り、雨池峠、雨池と巡り麦草峠へ もどるルートをおおよそ6時間くらいかけて歩いた。 雑草記50. コバノイチヤクソウ この草花も登山道の針葉樹林帯の林床でみかけた。 暗い林の中で小さく可憐な花なのだがうなだれていて目立たない。 生育地は本州の中部以北から北海道の深山の針葉樹林内。 葉は根の際から4~8枚つき、楕円形でやや硬く、長さ、幅とも1.5~3cmで 1~3cmの葉柄がある。 10~15cmの花茎をだし、径1.5cm程の広鐘形の白い花を3~7個つける。 が、この花は首をうなだれるがごとく下を向いている。 花は無理矢理上に向けてまで確認していないが、横から見ても雌しべが長く 弓なりに曲がっているのを確認出来た。 「小葉の一薬草」と書き、イチヤクソウ科のイチヤクソウ属。 漢字でわかるように「イチヤクソウ」の葉が小さいものという命名。 「イチヤクソウ」との違いは生育域と萼裂片が三角形で尖っているところ。 (イチヤクソウの萼裂片は細長い) 花期は7月から8月。
雑草記-コバノイチヤクソウ01
雑草記-コバノイチヤクソウ02
  • 2009.08.25 | 
  • カテゴリー:雑草記

美白に成功!・・・?

雑草記49. ギンリョウソウ 最初に見た時はキノコの1種かと思った。 白く、頼りなく、輪郭もあまりはっきりしない。 実態をつかめない感じだった。咲いているのも登山道から少し奥まったところが多く、あまり近づけなかった。 目にしたことはあまりないと思いますが、日本全土に生育する多年生の腐生植物。 「腐生植物」という名称をはじめて聞いた。 種子植物ではあるが、葉緑素をもたないため光合成を行わず、かわりに有機物を吸収して生活する植物のこと。死物寄生植物ともいわれる。 そう葉緑素を持っていないので「美白」なのだ。 山地の落ち葉がたまる薄暗くて湿っぽい林床でみかける。 丈は5~20cm程度。 茎は直立した円柱状で、葉はすべて鱗片状で上を向いてつく。 茎の頂部に筒状鐘形の花を1個だけ下向きにつける。花期は4~8月。 萼片も1~3枚で鱗片状。花弁は3~5枚で肉質。 果実もつける。卵球形の液果で図鑑で見たらゲゲゲの鬼太郎の目玉親父のようだった。 「銀竜草」と書く。全体の姿を竜に見立て、白銀色をしているところからきている。 でも、「ギンリュウソウ」ではなく、「ギンリョウソウ」と読ませるらしい。 「ユレイタケ(幽霊茸)」という別名もある。白っぽい姿から幽霊が連想され、緑の葉がないのでキノコに見えるから。 英語ではIndian pipeやWaxflower(ロウの花)とか、中国名では水晶蘭とも呼ばれる。 ひとつ心配事が・・・ この「ギンリョウソウ」と良く似た植物で「アキノギンリョウソウ(ギンリョウソウモドキ)」というのがある。 名前でわかるように「秋に咲くギンリョウソウ」「ギンリョウソウもどき」だったりで、非常に似ているらしい。 違いは雌しべの色と花期と属。 この提灯状の花弁の中に隠れている雌しべが「ギンリュウソウ」は青。「ギンリョウソウモドキ」は黄色。 しかし今回それを確認していなかった。 で、花期はと言うと「ギンリョウソウ」が4月から8月。「ギンリョウソウモドキ」は8月から10月。 見たのが8月なのでどちらの可能性もある。 どちらもイチヤクソウ科だが「ギンリュウソウ」はギンリョウソウ属。「ギンリョウソウモドキ」はシャクジョウソウ属だけれども見た目ではわからない。 なので、ひょっとしたら・・・「モドキ」かも? 「腐生」だの「死物寄生」だの「幽霊」だのとまあネガティブな感じの単語がたくさん出てくるが 実際には繊細な感じの興味をそそられる草花でした。
雑草記-ギンリュウソウ01
雑草記-ギンリュウソウ02
雑草記-ギンリュウソウ03
ボケボケな画像ですが。少し群れた咲いていたので
  • 2009.08.24 | 
  • カテゴリー:雑草記

雌しべをベー!

まだまだ続く、八千穂高原の草花 雑草記48. コバギボウシ 陽当たりのいい湿地に生える多年草。 と、モノの本には書かれているが、池のほとりではあるが普通の草地に生えていた。 北海道・本州から九州まで生育する。ユリ科のギボウシ属。これは「ユリ」らしいユリ科の草花。 ユリ科は数が多いが、ギョウジャニンニク・らっきょう・ねぎなどもユリ科の植物である。 おおよそ「ユリ」とは縁遠い感じの名前であるが・・・ 花期は7月から8月で、花は筒状鐘形で先が6裂し、花の頃は反り返る。 清楚な紫色からやや赤味を帯びた紫色をしている。内側の脈は濃紫色で鮮やかであり、雄しべは6本。 雌しべの柱頭はより長く、飛び出しているのが特徴。 画像には写っていないが、葉はさじ型で、葉身は長さ10~20cm、幅5~8cm。基部は葉柄に沿って流れている。 脈がはっきりしていて、表面には光沢がない。高さは50cm程度。 漢字では「小葉擬宝珠」。 若いつぼみの形が「擬宝珠(ぎぼし、ぎぼうし)」に似ていて、「オオバギボウシ」より葉が小振りなので「小葉」。 擬宝珠は橋の欄干の先についている、タマネギのような形のモノ。 昔、爆風スランプが「大きな玉ねぎの下で」という歌で歌った日本武道館の屋根のてっぺんの「たまねぎ」も擬宝珠である。
雑草記-コバギボウシ01
雑草記-コバギボウシ02
  • 2009.08.21 | 
  • カテゴリー:雑草記