身元不明。

雑草記 番外 シルバーウイーク。 夏に休んだと思ったらまた秋に連休。 高速は大渋滞だったよう。 自由業(?)の気楽さで連休前半は仕事にあて、後半に少しずらして休みを取って 那須の施主宅に遊びに行って来た。 休みをずらすと「高速1000円」の恩恵には預かれないが渋滞も無く快適なドライブだった。 時間を取るか、お金を取るか。難しい問題でもある。 仕事で那須には結構行っているがあまり観光をして来なかったが、今回は時間を作り 「日本百名山」のひとつである「那須岳(茶臼岳)」に登って来た。 標高は1915m。 日本百名山の登山と言ってもこの那須岳(茶臼岳)はロープウェイが9合目まで行っているので 歩くのは1合分。 登り40分。下り30分程度である。 ロープウェイの駅からすぐ上に頂上が見えるが前半は火山礫の斜面。後半は岩場なので、 それなりの準備は必要な道だ。 登山道にいくつか草花を見つけた。 が、特定が出来ていない。なので「番外」としている。 ご存知の方があればお教えいただければ幸いです。 最初の3枚はセリ科ではないかと思う。 後の2枚はツツジ科ではないかと思うのだが・・・
雑草記-那須岳01
雑草記-那須岳02
雑草記-那須岳03
雑草記-那須岳04
雑草記-那須岳05
雑草記-那須岳06
山頂
  • 2009.10.02 | 
  • カテゴリー:雑草記

登山道でナイスショット!

少し間が空いてしまったが、お盆のキャンプ&登山の続きを・・・ 雑草記・・・ではないけれど、面白い?可愛い?奇妙なキノコをみかけたので。 登山道に沿った林床にいくつもみかけたベニテングタケ。 僕ははじめて(?)みたが、結構よく見られるキノコ。 見た目から想像出来るように毒キノコである。 写真は生えはじめの時期なのか傘が開いていないのでゴルフボールのようだった。 傘が開いた後の赤地に白斑点という形状はおとぎ話の中の挿し絵に使われるキノコのひとつである。 ディズニーのアニメやスーパーマリオブラザースの中などでも見られる。 派手な色合いから猛毒のキノコと思われがちであるが、食べても死ぬような事はまずない。 主な毒成分はイボテン酸、ムッシモール、ムスカリンなどで、食べると下痢や嘔吐、 幻覚などの症状をおこす。 が、イボテン酸は非常に強い旨味成分でもあり食べるとおいしいらしい。(キノコ類の苦手な私には 興味はないが) 長野県の菅平などごく一部にて特別な方法を用いて食用とされる事例も存在する。 これは塩漬けにして乾燥させて保存食としていたらしい。 またこのキノコにはハエを誘う物質とハエを殺す物質を併せ持っているためハエ取りにも用いられてきた。 毒々しい外見の割に生活に近い毒キノコだ。 テングダケ科テングダケ属 ダケカンバ、白樺やトウヒ林などに夏から秋ごろに生える。
雑草記-ベニテングタケ01
雑草記-ベニテングタケ02
  • 2009.09.14 | 
  • カテゴリー:雑草記

天使の顔と悪魔の顔。

雑草記52. バイケイソウ 登山道の平坦な少し開けたところなどの陽当たりのいいところで見かけた。 丈が高いが、花が薄い緑色なのであまり目立たないが、シックで美しい花だった。 本州・北海道や朝鮮・中国などに生育、四国や九州などでも山地帯や亜高山帯にはする大形の多年草。 湿原周辺の草原や明るい林内などでみられる。 群生する傾向が高く、春に芽を出し、初夏に高さ1~1.5mにもなる花茎を出す。 茎葉は長楕円形または広楕円形で長さ20~30cmで平行脈が顕著。 葉脈部分が谷折れに曲がって葉を構造的に補強している。 基部は鞘状になって茎を囲むようにつく。 花期は6月から8月。大形の円錐花序に緑白色で2cm程の花を多数つける。 花弁の周辺は毛状にちじれて、切放しの布の端部のよう。 雄しべは6本で花被より短く、柱頭の先端は3つにわかれている。全て両性花であり この点でよく似ているコバイケイソウと区別できる。 ユリ科のシュロソウ属。 漢字では「梅xx帆陝廖2屬・崘漾廚忙・董⇒佞・峪舁・廚忙・討い襪・蕁・この「紫蘭」の古名が「xx函廚破鑈媾犬暴个討・襪蕕靴ぁ・ ここまでは普通の解説。実はこの草花は天使と悪魔の顔を持っている。 天使の顔は、古くは薬草として利用されていた点。 この草に含まれるアルカロイドを利用して、ヨーロッパでは古代から根が吐剤として アルカロイド粗抽出物が血圧降下剤として使用されたこともあったらしい。 が、副作用も強く今は使われないという。 また、東雲草(しののめそう)の名で殺虫剤としても使われた。 問題は悪魔の顔。 山登りの途中で目にするだけなら良いが、「山菜」という目で見た時に悪魔は微笑む。 芽生えの姿が、山菜の代表のオオバギボウシ(ウルイ)やギョウジャニンニクとよく似ている。 なので毎年のように誤食する事例がある。煮ても湯がいても天ぷらにしても毒は消えない。 このアルカロイドは有毒で下痢や吐き気をもよおし、血圧降下、心拍数の減少 めまい、手足のしびれ、けいれんなどの症状が出て、重症の場合は意識不明となって死亡します。 よく見ると両者は葉のつき方、葉脈の流れ方等はっきりとした違いはあるようなのですが。 山菜採りにはご注意を。
雑草記-バイケイソウ01
雑草記-バイケイソウ02
  • 2009.08.27 | 
  • カテゴリー:雑草記

もう花が終わりかけていた。

雑草記51. ゴゼンタチバナ これも登山道で見かけた。 花期は7月から8月らしいがすでに終わりかけていて、本来は真っ白な花(みたいな苞)らしいが 少し枯れかけているのかどれも色があまりよくなかった。 亜高山帯に見られる常緑の多年草。 北海道、本州、四国に分布し、深山の針葉樹林下や林縁に生育する。 なので登山道でもよく見られるようだ。 高さは5~15cm程度とあるが、10cmを越えるものはなかった。 花は2.5cmほど、白~淡い黄緑色なのだが、この花弁に見える白いのは総苞片。 「総苞片」。苞(ほう)とは植物用語の一つで、花の下にあって、つぼみを包んでいた葉のこと。 そして、個々の苞を苞片という。また花序の下部の苞を総苞といい、個々の総苞を総苞片という。 で、本来の花はと言うと、この白い4枚の花弁状の総苞片に囲まれた中心に小さな花が たくさん集まって付く。花弁が4枚、雄しべも4本、雌しべは黒紫色であるらしいのだが、 見たところ黒紫の雌しべらしいモノはあるが、花弁も雄しべも確認出来なかった。 秋にハナミズキに似た赤い果実をつけるらしい。 茎の上部に菱形の葉が2~3対輪生状につくが、大きさは1対ずつ異なる。 花の咲く茎と咲かない茎があるようで、咲く茎には6枚、咲かない茎には4枚のようだ。 「御前橘」と書き、発見された白山の最高峰の名「御前岳」からつけられ 果実の形がタチバナに似ているのでこの名がある。 ミズキ科のゴゼンタチバナ属。ミズキ科は木本が多いが、これは多年草で草花である。 同じミズキ科のヤマボウシなどと花の構造が良く似ている。
雑草記-ゴゼンタチバナ01
雑草記-ゴゼンタチバナ02
  • 2009.08.26 | 
  • カテゴリー:雑草記

暗い林でうなだれて・・・

ここのところの雑草記は、このお盆休みに行ったキャンプの時に山歩きをした際に 目にした草花を書いている。 長野県南佐久郡の麦草峠から茶臼山、縞枯山と登り、雨池峠、雨池と巡り麦草峠へ もどるルートをおおよそ6時間くらいかけて歩いた。 雑草記50. コバノイチヤクソウ この草花も登山道の針葉樹林帯の林床でみかけた。 暗い林の中で小さく可憐な花なのだがうなだれていて目立たない。 生育地は本州の中部以北から北海道の深山の針葉樹林内。 葉は根の際から4~8枚つき、楕円形でやや硬く、長さ、幅とも1.5~3cmで 1~3cmの葉柄がある。 10~15cmの花茎をだし、径1.5cm程の広鐘形の白い花を3~7個つける。 が、この花は首をうなだれるがごとく下を向いている。 花は無理矢理上に向けてまで確認していないが、横から見ても雌しべが長く 弓なりに曲がっているのを確認出来た。 「小葉の一薬草」と書き、イチヤクソウ科のイチヤクソウ属。 漢字でわかるように「イチヤクソウ」の葉が小さいものという命名。 「イチヤクソウ」との違いは生育域と萼裂片が三角形で尖っているところ。 (イチヤクソウの萼裂片は細長い) 花期は7月から8月。
雑草記-コバノイチヤクソウ01
雑草記-コバノイチヤクソウ02
  • 2009.08.25 | 
  • カテゴリー:雑草記