美白に成功!・・・?

雑草記49. ギンリョウソウ 最初に見た時はキノコの1種かと思った。 白く、頼りなく、輪郭もあまりはっきりしない。 実態をつかめない感じだった。咲いているのも登山道から少し奥まったところが多く、あまり近づけなかった。 目にしたことはあまりないと思いますが、日本全土に生育する多年生の腐生植物。 「腐生植物」という名称をはじめて聞いた。 種子植物ではあるが、葉緑素をもたないため光合成を行わず、かわりに有機物を吸収して生活する植物のこと。死物寄生植物ともいわれる。 そう葉緑素を持っていないので「美白」なのだ。 山地の落ち葉がたまる薄暗くて湿っぽい林床でみかける。 丈は5~20cm程度。 茎は直立した円柱状で、葉はすべて鱗片状で上を向いてつく。 茎の頂部に筒状鐘形の花を1個だけ下向きにつける。花期は4~8月。 萼片も1~3枚で鱗片状。花弁は3~5枚で肉質。 果実もつける。卵球形の液果で図鑑で見たらゲゲゲの鬼太郎の目玉親父のようだった。 「銀竜草」と書く。全体の姿を竜に見立て、白銀色をしているところからきている。 でも、「ギンリュウソウ」ではなく、「ギンリョウソウ」と読ませるらしい。 「ユレイタケ(幽霊茸)」という別名もある。白っぽい姿から幽霊が連想され、緑の葉がないのでキノコに見えるから。 英語ではIndian pipeやWaxflower(ロウの花)とか、中国名では水晶蘭とも呼ばれる。 ひとつ心配事が・・・ この「ギンリョウソウ」と良く似た植物で「アキノギンリョウソウ(ギンリョウソウモドキ)」というのがある。 名前でわかるように「秋に咲くギンリョウソウ」「ギンリョウソウもどき」だったりで、非常に似ているらしい。 違いは雌しべの色と花期と属。 この提灯状の花弁の中に隠れている雌しべが「ギンリュウソウ」は青。「ギンリョウソウモドキ」は黄色。 しかし今回それを確認していなかった。 で、花期はと言うと「ギンリョウソウ」が4月から8月。「ギンリョウソウモドキ」は8月から10月。 見たのが8月なのでどちらの可能性もある。 どちらもイチヤクソウ科だが「ギンリュウソウ」はギンリョウソウ属。「ギンリョウソウモドキ」はシャクジョウソウ属だけれども見た目ではわからない。 なので、ひょっとしたら・・・「モドキ」かも? 「腐生」だの「死物寄生」だの「幽霊」だのとまあネガティブな感じの単語がたくさん出てくるが 実際には繊細な感じの興味をそそられる草花でした。
雑草記-ギンリュウソウ01
雑草記-ギンリュウソウ02
雑草記-ギンリュウソウ03
ボケボケな画像ですが。少し群れた咲いていたので
  • 2009.08.24 | 
  • カテゴリー:雑草記

雌しべをベー!

まだまだ続く、八千穂高原の草花 雑草記48. コバギボウシ 陽当たりのいい湿地に生える多年草。 と、モノの本には書かれているが、池のほとりではあるが普通の草地に生えていた。 北海道・本州から九州まで生育する。ユリ科のギボウシ属。これは「ユリ」らしいユリ科の草花。 ユリ科は数が多いが、ギョウジャニンニク・らっきょう・ねぎなどもユリ科の植物である。 おおよそ「ユリ」とは縁遠い感じの名前であるが・・・ 花期は7月から8月で、花は筒状鐘形で先が6裂し、花の頃は反り返る。 清楚な紫色からやや赤味を帯びた紫色をしている。内側の脈は濃紫色で鮮やかであり、雄しべは6本。 雌しべの柱頭はより長く、飛び出しているのが特徴。 画像には写っていないが、葉はさじ型で、葉身は長さ10~20cm、幅5~8cm。基部は葉柄に沿って流れている。 脈がはっきりしていて、表面には光沢がない。高さは50cm程度。 漢字では「小葉擬宝珠」。 若いつぼみの形が「擬宝珠(ぎぼし、ぎぼうし)」に似ていて、「オオバギボウシ」より葉が小振りなので「小葉」。 擬宝珠は橋の欄干の先についている、タマネギのような形のモノ。 昔、爆風スランプが「大きな玉ねぎの下で」という歌で歌った日本武道館の屋根のてっぺんの「たまねぎ」も擬宝珠である。
雑草記-コバギボウシ01
雑草記-コバギボウシ02
  • 2009.08.21 | 
  • カテゴリー:雑草記

人気者を真似ている?

雑草記47. マルバダケブキ カタカナだとどこで区切るのか分からない名前草花。 漢字で書くと「丸葉岳蕗」。 丸い葉っぱの岳(高い山)に咲く蕗(ふき)。でも、フキ属ではない。 同じキク科ではあるが「オタカラコウ」と同じメタカラコウ属。 本州・四国の深山の草地や林下に生える多年草。 高さは1m以上にもなり、フキに似た大きな根生葉が特徴。 確かに葉だけを見るとフキに見える。大きな腎円形で葉の周りには鋸歯がある。 全体に大きく、林の中で見かけると毒々しい印象すらあった。 オタカラコウも、このマルバダケブキもさらにはメタカラコウも葉がフキに似ているのになぜ「フキ属」ではないのだろう? 茎葉は2枚で茎を抱く形で生える。 頭花は黄色の散房状の花序で直径は約8cm,、舌状花は10個程度つく。 総苞は直径2cmほどの鐘形。 花期は7月から9月
雑草記-マルバダケブキ01
雑草記-マルバダケブキ02
  • 2009.08.20 | 
  • カテゴリー:雑草記

葉が穴だらけ。

雑草記46. オタカラコウ キャンプ場の池のほとりに咲いていた。 本州の福島県以南から四国・九州、中国・朝鮮・樺太まで分布する多年草。 深山などの沢沿いなどに生え、湿地を好むようである。 葉は根生葉で、大きく柄が長く、フキの葉に似た腎円形。 よほど柔らかくおいしいのか写真の葉穴だらけであった。 花期は7月から11月くらいまでと長く、そのため花茎はどんどん成長し、高さは1~2mに達するらしいが、これはまだ50~60cm程度であった。 黄色の頭花を総状につける。頭花は5~9個の舌状花で、上を向く。 ひとつひとつの頭花は迫力はないが、まとまって大きな花序を形成しているので見応えのある花だ。 漢字で書くと「雄宝香」。 これに似た少し小振りのモノで「雌宝香」というものがあり、双方の比較で「雄」である。 茎や根に香りがあり、これが漢方生薬の竜脳(リュウノウ)香に似ており、この竜脳香は別名を宝香というためこの名がついた。 知らなかったので匂いを確かめることはしなかったが、また目にする機会があれば匂いを確かめてみたい。 が、元になっている竜脳香の香り自体は知らないのだが・・・ キク科のメタカラコウ属
雑草記-オタカラコウ01
雑草記-オタカラコウ02
雑草記-オタカラコウ03
  • 2009.08.19 | 
  • カテゴリー:雑草記

微妙な3兄弟・・・

雑草記45. クサコアカソ キャンプ場を流れる小川のほとりに咲いていた。 群生すると美しいらしいが少数だと目立たず地味な草花。 葉がシソに似ていたのでシソ科の植物かと目処を付けて調べて行ったが見当違いだった。 イラクサ科カラムシ属。あまり耳にしない科名、属名だった。 低山地に普通に見られる高さ50cm程度の多年草。花期は7月から9月。 「草小赤麻」と書く。茎や葉柄が赤褐色を帯びることに由来する。 別名に「マルバアカソ」という名もあるようだが、こちらの由来はわからなかった。 これに非常に良く似た草で「赤麻(アカソ)」「小赤麻(コアカソ)」というのがある。 違いは、アカソは葉が深く3裂している。コアカソは半低木で茎の下部が木質化している。 なので注意して葉や茎をみていないとどれかわからない。 「アカソ」の変種ということになっている。 遠景の画像で葉の形状が確認出来る(花はボケボケだが・・・)のと、生えていた状況をみていたので、これは「クサコアカソ」で間違いないと思う。
雑草記-クサコアカソ01
雑草記-クサコアカソ02
  • 2009.08.18 | 
  • カテゴリー:雑草記